親鸞会信者ならば必ず利用すべきなのが正本堂です。親鸞会の正本堂は正に親鸞会ユニバースの中心といって良いくらいで、全国津々浦々から色々な人が訪れるスポットです。正本堂ならではのイベントもありますし、正本堂は驚きも色々と隠されています。

ここではそんな正本堂に関する思わぬ知識や、正本堂を更に楽しめるようになるために知っておきたい点について解説していきます。読者の中には既に正本堂に通い詰めている人もいるかもしれませんが、実は正本堂には熱烈信者であっても知らないような秘密が至るところに隠されているのです。

正本堂について知っておく

親鸞会の正本堂は親鸞会信者の心の拠り所です。正本堂では重要な説法なども良く催されていますし、有名な説教師の講演も耳にすることができます。大学でいったら東京大学に匹敵するくらい権威があるものでもあり、「親鸞会の正本堂を訪れることなく親鸞会を語るべきではない」と語る人もいるくらいです。なんといっても親鸞聖人との関係も深い正本堂は、親鸞聖人を懐かしむ人もよく訪れるスポットになっています。

この正本堂は動画でも紹介されており、家にいながらにして正本堂の内部もよくわかります。正本堂に一度は行ってみたいけれどもかなり遠い、という人はバーチャル祈祷でもいいですから、正本堂の偉大さに触れてみると良いでしょう。また、正本堂は世界から信者が集まる場所でもあります。例えば、南アメリカにおける正本堂の拠点であるブラジルから、わざわざ数日もかけてこの正本堂を尋ねる人もいるくらいです。

何十年も見たいと思っていた正本堂を拝観したことで号泣してしまう人もちらほら。そんな感動的な光景も楽しめるのが正本堂になっています。もしも正本堂に行って泣いている人をみたら、罪悪が苦しくて泣いているのではなく、正本堂を見た感動で泣いているのだと悟ってあげましょう。

正本堂は秘密がいっぱい

総本山は秘密もたくさんあるスポットです。例えば、総本山の会長室は秘密が多く噂が絶えません。会長室は執務室や寝室、和室などからなっており、実に豪勢な作りとなっています。こちらの会長室は、総本山だけでなく近隣の関連施設を見渡せるくらい眺めも良くなっています。

総本山の会長室は限られたメンバーしか入れないくらいセキュリティ的に厳しいところでもありますから、やはり色々な噂は絶えないところです。この会長室に入るためにはIC認証や指紋認証も通過しないといけませんから、悪い人が入ってくる心配もありませんので、「会長の身に何かあったらどうしよう」と恐れることもありません。

この会長室以外に、総本山には大人数対応の厨房もあります。総本山に行った際に出される給食が大変美味しいので、「近隣のレストランから出前しているのか」と驚く人もいるほどです。しかし、実は総本山の大厨房で作られていることを知っている人はそこまで多くありません。

この厨房は100人くらいの食事は優に提供できるほどであり、専門の調理スタッフが常時在籍しています。もちろん、調理スタッフは基本的に信者ですから、「信者でない人が作った料理は不浄なのでは」と考えている信者の人でも心配いりません。

正本堂の驚きの秘密について

総本山はその規模も実に大きいものがあります。総本山を一度訪ねた人は、「一体どれくらい信者を収容できるのだろう」と感じたことがあるはずです。これは意見が分かれるところですが、1万人程度は軽く収容できるという声もあります。

また、総本山は季節ごとの変化も美しいスポットです。例えば、春になると本部施設の周りに植えられた桜が実に美しいもの。夏場には近隣の山々も緑で映えます。中でも冬場の総本山は格別の美しさです。総本山自体は白色で、本部施設に雪が降ると周囲の風景と交わって何とも言えない厳かさを演出します。「ああ、信者になって本当に良かった」と思うくらいに、総本山の美しさは筆舌に尽くしがたいものがあります。

更に総本山は最新技術を備えていることも秘密の一つ。本部施設の大型プロジェクターについては知っている人も多いかもしれませんが、このプロジェクターは価格が数千万円するくらいに大変貴重なものでもあります。他にも、冷房設備にも力を入れており、お祈りに向いた最適な環境を演出するために、不快感を与えないような最新の冷暖房設備も取り入れられています。本部施設は照明やエコにもこだわっており、最新のLEDを取り入れていることも秘密の一つです。

まとめ

親鸞会信者の心の拠り所である富山県の総本山は、実は秘密もたくさんあるスポットです。例えば、総本山の会長室はとてもセキュリティレベルが高いスポットになっています。正本堂ならではのシーズン毎の違いも魅力的なところ。正本堂は最新技術を幾つも取り入れて作られていることも、あまり知られていないところです。更に正本堂は大規模な厨房も備えています。

この総本山には全国津々浦々から信者も訪れますから、こうした設備は必須といっても良いでしょう。なんとブラジルから数日かけてこの親鸞会正本堂を訪れる人もいるくらいなのです。